サウジアラビアで設置されている巡礼者を日差しから守る特大傘

(@roaneatan)さんのツイート

巡礼者を日差しから守るため2012年に特大の傘が設置されたメディナの聖モスク。

日本でも主要駅付近に設置して、熱中症対策や真夏の商店街に人増やすのにやってみてほしい。

東京オリンピックでこれやるべき。

マスジド・ハラームは、アラビア半島西部のヒジャーズ地方の町、メッカにあるイスラーム教のモスクである。「マスジド・ハラーム」はアラビア語で「聖なるモスク」を意味する。「メッカの大モスク」(英: the Grand Mosque of Makkah)、「(メッカの)聖モスク」などとも呼ばれる。マスジド・ハラームの中庭には「カアバ」と呼ばれる建物があり、マスジド・ハラームはカアバ聖殿を取り囲むかたちで成立している。マスジド・ハラームは、イスラーム教徒がなすべき五行のうち、礼拝(サラー)と巡礼(ハッジ)の二行において特別な存在である。日々の礼拝はカアバの方向(キブラ)を向いて行われているが、マスジド・ハラームはカアバを取り囲んで成立しているためキブラがなく、キブラを示すモスクのくぼみ(ミフラーブ)もない。また、一生のうち少なくとも一度は敢行するべきとされる巡礼の際、信徒はマスジド・ハラームの中庭にあるカアバを周回しながら礼拝する。ウィキペディア

twitterの反応

その他コメント
  • なかなかいいアイディアだと思う。
  • 文句を付ける前に、新製品や新技術を面白がって欲しい。
  • ぜひビッグサイトで!
  • 台風がくると傘ごと飛ばされて危険なんじゃ?
  • 最強なのは「アスファルトはがす」誰も言わないけど
  • これ、太陽工業のテントだ。
  • すごい。かっこいい。ホント、設置するべき。

編集部
いいアイデアですね!熱中症対策になりそう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
おすすめの記事